カルチャー

 

映画「ゴッホ~最期の手紙~」を観た感想

 
 

ひめの感想

映画のレビュー

まず最初に、私は「ゴッホ」=「ひまわりの画家さん」くらいのイメージしかありませんでした(ごめんなさい)。
予備知識ゼロの状態で観ました。
そんな私ですら楽しめるし、ストーリーも理解できました。

そもそも映画って(特に洋画は)解説なんてないし、セリフも最低限だし、そのくせ伏線はボコボコ出てくるし(笑)
でもこの映画に関しては、いつ?誰?なんで?の疑問に対して丁寧に答えが用意されている!
「ゴッホという生き方」に焦点が置かれているから、筋がポーンと通ってて観やすかった。

そして何より注目すべきは、総勢100名以上の画家の手により、終始油絵で描かれたアニメーションという点です。
これもうほんま・・・驚愕するやら感激するやら、1秒たりとも見逃せんと思って、すげー疲れた(笑)
通常のアニメなら何も意識せずに観てしまうが。
映画館じゃなかったら絶対はしゃいでたわ!

絵だからこそできる画面の移り変わり方などの表現にもぜひ注目してほしいです。
いかにも絵画が動き出すような不思議な感覚に襲われるんですが、回想シーンのモノトーン描写は打って変わりすごくリアルでした。

私、映画は苦手で普段あまり観ませんが、個人的に今まで観た映画の中で、一番「観て良かった」と思う作品でした。

衝撃が強すぎて、眠れな~いww

映画を観て感じたこと

他のものには目もくれずただただ一途に、自分が信じるものに対して一生を捧げた、一人の孤独な男性がいました。

私もずっと愛を探し求めているけど、フィンセントは辿り着けたのかな…
きっと、他の誰が彼を笑おうと、不安や迷いが生じようと、彼が信じたものは彼の気持ちに応えてくれていた。常に道を示してくれていた。それが正解か不正解かなんてのは問題でない。私もそうだ。

生前に認められなかったことは、本当に可哀想なのかな?
もしも死後の活躍を知らせることができたら、それ以上のことはないの?
名誉とか名声とか富とか、そういった一時の幸福を、彼は求めているわけではなくて…だから、自身が二度と筆を手に取ることができなくなる選択ですら恐れなかったのではないかと。

時代は大きく違うけれど、みんな自分のことで精一杯だけど、ちゃんとあなたを見てくれてる人は必ずどこかにいます。そんな時って、ふと気付けば、メリットや見返りや評価を二の次にしてるの。
他人と自分を比べる、他人同士を比べる、これほど無駄なことはない。
彼は孤独だったけど、無駄も無かった。
彼は孤独だったのに、一人じゃなかった、その理由がここにあるのでは、と思う。

この記事のタイトルとURLをコピーする!

関連記事

  1. 大エルミタージュ美術館展

    カルチャー

    大エルミタージュ美術館展のお気に入り作品を紹介

    もふもふをご覧のみなさん、たまには西洋絵画に癒やされてはみませんか?…

  2. カルチャー

    【全国】2018年度美術館デートにおすすめの展覧会

    やほ(^o^)/先生です!もふもふをご覧のカップルさん、美術館デー…

  3. 京都競馬場パドック

    カルチャー

    【京都淀】200円で楽しめる!京都競馬場デートのススメ

    やほ(^o^)/先生です!今回のデートコースは、なんと!"京都…

  4. 大阪市立科学館

    カルチャー

    【関西】無料または格安で楽しめるおすすめデートスポット

    やほ(^o^)/先生です今回のテーマは"学びのススメ"です!…

カップルさん向け記事

最新記事

  1. 「魚楽(ととらく)」ねぎとろサーモン丼
  2. 京都競馬場パドック
  3. 【辛味酒粕ラーメン画像】
  4. 伏水酒蔵小路 利き酒
  5. 阪急たけ井 つけ麺(中)
  6. ペニーレーン西宮
  7. 【京都伏見桃山】ワンコイン濃厚ラーメン!「大中」で昔ながらの一杯を味わう
  8. 【北摂茨木】替え玉2回無料!?「麺屋ふくちぁん」の濃厚豚骨ラーメン
  9. 【京都伏見桃山】ワンコイン濃厚ラーメン!「大中」で昔ながらの一杯を味わう

もふもふスポンサー

  1. B級グルメ

    【和歌山】地元名物「グリーンコーナー」でてんかけラーメン!
  2. 恋愛論

    このブログを始めた理由
  3. イベント

    【京都宇治】「平等院」の紅葉ライトアップ
  4. ラーメン

    【京都】これぞ京都ラーメン!見た目よりあっさり食べやすい「銀閣」
  5. 海鮮料理

    スシロー「かに祭」
PAGE TOP